Main
<< 加美豊の・・・ 時津風親方よりお詫びの手紙が届きました。  以下、全文。 >>
時津風部屋の歴史


部屋の通用門側にある案内看板です。ぶらり両国街かど展実行委員会によって立てられたその看板に時津風部屋の紹介が書かれています。

 (現在の)師匠は、十六代・時津風正博(元前頭・時津海)>
 昭和十七(1942)年、当時現役であった第三十五代横綱・双葉山定次が、その実績を評価され二枚鑑札の形で現役力士のまま弟子の育成を許され、「双葉山相撲道場」を開いたのが、現在の時津風部屋の創設につながっています。
 幕内最高優勝十二回(内、全勝八回)、いまだに破られない歴代最高記録の六十九連勝など、輝かしい成績を残した双葉山は、太平洋戦争終戦直後の昭和二十(1945)年十一月場所後に引退、十二代・時津風を襲名、双葉山(相撲)道場の名を時津風部屋に変更しました。双葉山(相撲)道場の看板は、現在も掲げられています。

 十二代・時津風は、昭和四十三(1968)年十二月十六日、満五十六歳で死去するまでの間、約十一年間にわたり、第三代相撲協会理事長を務めるとともに、一横綱(鏡里・・・十三代・時津風)、三大関(大内山、北葉山、豊山・・・十四代・時津風。第八代相撲協会理事長)をはじめ、多くの力士を育成しました。



2010.06.15 Tuesday,14:38
| tokitsukaze | 時津風部屋の歴史 History | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
こんな時だからこそ、若い子の元気な姿が観たいです。
いつもBlog見てますよ〜♪(´ε` )
| たけきち | 2010/07/11 9:21 AM |
たけきちさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
名古屋場所なので観戦に行った時にしか
ブログ書けませんが、ぜひとも応援よろしくお願いします。
若い弟子達の元気な姿が伝えられるとうれしいです。
また応援のコメント、よろしくお願いしますね。
| ゆきひめ | 2010/07/12 2:13 PM |
コメントする









トラックバックURL
http://tokitsukaze.jp/trackback/45
トラックバック